スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年金未納問題

 今朝、テレビで年金問題について報道されていたので、「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った? ~世界一わかりやすい経済の本~ (扶桑社新書)という本を読んでみることにした。
 内容は、1.考える力を伸ばそう、2.宝くじの行列の秘密、3.サブプライムローンの真相、4年金問題、の4章構成で、絵も交えながら分かりやすく説明されていました。
 肝心の年金問題ですが、これまでマスコミで取り上げられている内容とは、かけ離れていました。マスコミでは、「将来の年金が心配だ・制度が悪い」みたいな扱いをされています。しかし、この本では、「そこまで悲観する必要もない」と書いてありました。読んでみると、しっかり理由が説明されていて、なるほどなぁと思いました。未納者が減って納付者が増えても、年金制度は変わらない(未納が問題じゃない)。むしろ今後は年金に税金が投入されるので、未納者は税金(年金負担分)だけ取られて将来年金を受け取れないから注意するように、と書いてありました。
 年金が心配な人は、一度読んで見て、マスコミで報道されている内容と比べてみると面白いと思います。結局、いろいろな条件の人がいるので、マスコミも、この本も伝えていることはある人には正しくて、ある人には間違っていると思います。
 年金に対する考え方・視野が広がったので読んで良かったと思います。
 厚生年金で1点気になりました。年金を全額税方式にした場合、サラリーマンの負担が増えること。現在の年金は、サラリーマン本人と会社が納付金を半分ずつ納めているから、100%税方式になるとサラリーマン本人の負担100%で、会社負担0%になる(会社が得する)可能性がある。全額税方式にすれば、今の問題(未納問題など)が解決(改善)すると思っていたが、こんなところに落とし穴があるなんて。労働者の60%近くがサラリーマンだけど、みんな税方式に対するそういう感覚あるのかなぁ?

テーマ : 年金問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

全額税方式はきついなあ・・・
所得の少ない自分にとっては重い事だ。

ちなみに年金は自分がもらえなくても払うべきだと思う。
世代間の扶助が目的だから。
自分が貰うために払うのだとしたら、それはネズミ講を
肯定するのと同じになるしね。
プロフィール

Kobatoshi

Author:Kobatoshi
こんにちは。
管理人のコバトシです。
「僕らの生活防衛術」ホームページも作っています。もし良かったら、下記リンクから覗いてみて下さい。

リンク
僕らの生活防衛術
僕らの生活防衛術
カテゴリ
Google
節約に役立つ商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。