スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日食が楽しみです

天文ファンにはお楽しみな日食イベントが近づいてきましたね。
少し残念なのは、日本で皆既日食が見られる場所が、南の島(トカラ列島、奄美の一部など)で、行くのが困難な点です。どうせ困難なら、同じく皆既日食が見られる上海でも行ってみようと調べてみましたが、値段が高い・ツアーの空きが少ない・ツアー日程が長い、などでした。
トカラ列島・上海ともにツアー日程が長いということで、もちろん仕事を休んでツアー旅行に参加できるはずもなく、地元で部分日食を楽しもおうと思っています。

中部地方で言うと、7月22日(水)9時45分くらいから太陽が欠け始め、11時7分頃に最大で太陽の80%が隠れます。12時25分頃には、もとの太陽に戻ります。80%隠れると言っても、太陽の光・熱はもの凄いので、肉眼で欠け状況を確認するのは難しいようです。というより、まぶしすぎて肉眼で見ると危険なようです。黒いビニールシートや下敷きで透かせて見ても、太陽のエネルギーは目に入ってくるので、「日食網膜症」の危険があるそうです。

ということで、本日、日食メガネを買いました。これで、準備は万全です。あとは晴れてくれることを祈るのみです。



そもそも日食は、月が太陽を隠すために起こります。地球・月・太陽の位置関係がうまくいった時にしか起こりません。
今回の日食を見逃すと、次は、2012年5月21日に太平洋沿岸で金環日食(リング状に太陽が残る)、2035年9月2日に北関東から北陸にかけての皆既日食(太陽が完全に隠れる)が大きなところでしょうか。どちらも日本の広い範囲で見られるので、今から楽しみです。

でも、まずは、2009年7月22日にみんなで空を眺めて、日食を楽しみませんか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kobatoshi

Author:Kobatoshi
こんにちは。
管理人のコバトシです。
「僕らの生活防衛術」ホームページも作っています。もし良かったら、下記リンクから覗いてみて下さい。

リンク
僕らの生活防衛術
僕らの生活防衛術
カテゴリ
Google
節約に役立つ商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。