スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコカー減税

エコカー減税はどのくらいお得か計算してみました。
例えば、平成22年度燃費基準+25%以上達成車、コンパクトカーで考えてみる。
税金を払う金額は、
 ・自動車取得税:約1万9千円(車両本体150万円の5%(ここまでが通常)の25%(75%off))
 ・自動車重量税:約1万4千円(通常56700円の25%(75%off))
 ・自動車税   :約1万7千円(通常34500円の50%(50%off))
つまり、減税で通常よりお得な金額は、
 ・自動車取得税:約5万6千円
 ・自動車重量税:約4万3千円
 ・自動車税   :約1万7千円
で、合計約11万6千円お得。
今なら、これに、購入補助金10万円(普通車)がつくので、通常買うよりトータルで20万以上お得です。(登録後13年以上の車を廃車して、買い替えると、補助金は25万円)

しかし、新車を購入するためには、諸費用が発生します。どのくらいのお金が必要になるのか計算してみました。
自分で手続きすれば少しは安くなりますが、ディーラーにお願いすると、自賠責保険、登録費用、車庫証明発行、リサイクル料などの諸費用で、合計で7万5千円くらい必要です。
車両本体以外に必要になるお金は、(減税+補助)でマイナス20万円としても、諸費用を考えると、20-7.5=12.5万円くらいになってしまいます。つまり、{(車両本体)+(オプション)-12.5}万円は、準備しないといけません。減税・補助で20万円得しますが、車両本体で150万円以上払うと、かなりの出費になります。

新しい車は快適性・燃費・安全性など魅力ですが、結局、今の車を長く乗り続けるのが一番お得な気がしました。

テーマ : 車関係なんでも
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kobatoshi

Author:Kobatoshi
こんにちは。
管理人のコバトシです。
「僕らの生活防衛術」ホームページも作っています。もし良かったら、下記リンクから覗いてみて下さい。

リンク
僕らの生活防衛術
僕らの生活防衛術
カテゴリ
Google
節約に役立つ商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。