スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気料金を節約する(待機電力を減らそう)

電気料金を下げる方法を紹介します。

待機電力を減らして、電気料金を節約しよう!

待機電力って何?
待機電力とは、電化製品が「いつでもスイッチ入れてもいいよ。準備できてるから。」という具合に、いつでも使える状態にあるときに消費している電気です。

例えば、テレビはリモコンでスイッチONすれば、画面が点きますよね。これは、テレビがいつでも見られる状態、つまり、主電源が入っているからです。主電源が切れていれば、リモコンを押しても点かないはずです。この主電源が入った状態だと、待機電力を消費していることになります。
他には、エアコン、DVDなどのレコーダー、パソコンなどあります。

では、待機電力は、電気料金のどのくらいの割合を占めるのでしょうか?
よく言われるのは、総電力使用量の5~10%程度です。月額の使用量が5000円とすれば、250~500円の節約。年間にすると、3000~6000円程度の節約になるはずです。

ただし、すべての電化製品が待機電力を消費しているわけではありません。待機電力が多いものは、AV機器(テレビ、録画機、オーディオなど)、給湯器、空調機器などが挙げられます。

あまり待機電力を気にしすぎると、生活に支障が出るかもしれないので、まずは、やりやすいところから。例えば、エアコン使用頻度が減る過ごしやすい季節はエアコンのコンセントを抜いてみませんか?コンセントを抜くのが大変なら、電源ON/OFFスイッチのついた延長ケーブルを買ってみませんか?

必要ない電気料金を払うのはもったいないので、家庭の電化製品を一度見直して、待機電力を減らしてみてください。

テーマ : 節約
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:Kobatoshi
こんにちは。
管理人のコバトシです。
「僕らの生活防衛術」ホームページも作っています。もし良かったら、下記リンクから覗いてみて下さい。

リンク
僕らの生活防衛術
僕らの生活防衛術
カテゴリ
Google
節約に役立つ商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。